神奈川オルタナティブ協議会  【オルかな】公式ブログ

市民団体 神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】のブログです。

【2018年、お世話になりました☆】

昨日のオルかなメンバー忘年会をもって、今年の活動は終了となりました。

いつもオルかなを応援してくださっているみなさま、今年もありがとうございました☆

 

◆今年は4月から、藤沢のコトモファームさんで畑を借りて農業を始めました。春、夏、秋、冬と、畑の様子はいつも違って、たくさんの野菜を植え、収穫できました。

 

◆また、9月には産業医の講演会、10月には茂木厚子さんによる子どもの発達に関する講演会、11月には就労支援の講演会を開催しました。

 

どれもテーマは、
「薬に頼らず、本人の意思で、リカバリーして行こうよ」

「その想いを、福祉も家族も社会も、応援しようよ」

 

という強い想いで開催しました。


多くの参加者さんが関心を持って来てくださり、想いを共有できたと思います。

 

◆今年は初めて、福祉まつりで出店したり、また長年続いている子どもたちとの工作ワークショップも継続、団体としては自民党との勉強会も開催できました。

 

◆オルかなの活動の軸となる「サードオピニオン会」は、引き続き月1回で開催、来年からは、二俣川地域ケアプラザでの開催になります。オルかなとして団体利用登録が認められたのです。

 

会場は、長年お世話になったカフェ二階さんから卒業し、より多くの人が出入りするケアプラザで、新たな一歩を踏み出します。子どもから高齢者まで関わるケアプラザで、精神医療や薬の問題、快復について関心を持ち、新たに参加してくれる人を、待っています。

 

◆オルかな応援会員さんも、31名になりました。会員のみなさんの年会費と、講演会や委託販売の売り上げ等の自主財源だけでここまで活動が継続出来ていることは、奇跡的です。

 

ですが、さらに活動を広げていくには、まだまだ資金不足です。ですので、来年は、助成金申請も検討することになりました。新たな挑戦ではありますが、やってみたいと思います。

 

◆今年、オルかなのイベントに参加してくださったみなさま、そしてこの公式ページを見てくださっているみなさま、本当にありがとうございました。

 

亀の歩みなオルかなですが、着実に活動実績は積み上げて来ています。来年もさらに飛躍できるよう、メンバー一同、楽しく熱く、頑張って行きたいと思いますので、引き続き応援してくださいね☆

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

オルかな代表 三橋淳