神奈川オルタナティブ協議会  【オルかな】公式ブログ

市民団体 神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】のブログです。

【オルタナカレンダー2019、委託販売開始しました!メールにてご注文下さい☆】

新年あけましておめでとうございます。

今年も、オルかなをよろしくお願いいたします。

 

・・・・

 

さて、今回は、オルタナ特製カレンダー販売のお知らせです。

 

全国オルタナティブ協議会では、

【精神医療、薬物治療からの卒業と快復を目指す】

作家さんたちが描いた、イラストカレンダーを製作しました。

 

製作にあたっては、資金をクラウドファンディングで集めて、目標額の200%の支援を達成。多くのかたの暖かい応援をいただきました。ありがとうございます。

 

カレンダーの一部を公開します。
それぞれの作家さんの渾身の作品が詰まっています。

 

・・・・

 

彼らのどこが精神病、障害なのかなと思うほど、クオリティが高い作品たちです。

このまま何も気づかずに、精神医療を受けていたら、この素晴らしい才能は埋もれていたかもしれません。

 

巻末には、それぞれの作家さんの紹介文があり、精神医療経験の一部も語られています。ご注目ください。

 

・・・・

 

この国の精神医療では、医療から卒業したい、快復したいという本人の希望は通らない構造、になっています。

 

通院、服薬は絶対。それを大前提とした、社会復帰であり、リカバリーであると。当たり前のように関係者は言います。

 

本当にそうでしょうか。

 

精神医療からの卒業、快復を目指すことは、いわゆる病識のない、無謀な考えなのでしょうか。

 

違います。

 

全ての人に、【自分のことは、自分で考えて決める権利】があります。

 

・・・・

 

実際に、こうやって今回、作家さんたちが、精神医療、薬物治療からの卒業を目指して活動していますし、オルかなの仲間にも、同じように頑張っている仲間がたくさんいるのです。

 

減断薬して快復した仲間も、全国にたくさんいます。

 

そもそも、この国には、本来は必要のない精神医療、薬物治療を受けている人がたくさんいること、それなのに抜け出せず苦しんでいる人がいることを、知って欲しいと思います。

 

そして、このカレンダーを通して、今一度、精神医療とは何か、薬物治療の限界と害について、本来のリカバリーについて、考えるきっかけとなれば幸いです。

 

・・・・

 

このカレンダーは今後、【プレミアがつく】であろう作品ばかりです。
このたび、オルかなでも、このステキなカレンダーの委託販売を行います。

ぜひ今からご注目ください。

 

◆1冊1,000円です。

 

オルかなのイベントにて直接購入、またはメールにてご注文ください。

 

◆事前振込(ゆうちょ)での購入は、レターパック代360円送料込みで配送します。

 

◆代引きでの購入は別途手数料を頂きますが対応可能です。ご相談ください☆

 

al_kana2014@yahoo.co.jp 三橋まで

 

f:id:al-kana:20190106104802j:plain

f:id:al-kana:20190106104824j:plain

f:id:al-kana:20190106104902j:plain

f:id:al-kana:20190106104919j:plain

 

f:id:al-kana:20190106104953j:plain