読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神奈川オルタナティブ協議会     【オルかな】 公式ブログ

市民団体 神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】のブログです。

【オルかなが1日限定カフェを開店!5月21日12:00~15:00です】

f:id:al-kana:20170420233217j:plain


いよいよ2週間後に迫ってきました。
数量限定、先着順です。

・・・

メニューはこちら。
・モンゴルのオーガニック馬肉とフレッシュトマトを使ったパスタソース
・モンゴルのオーガニック紅茶で煮込んだ鶏肉、レモンを添えて
・きゅうりとリンゴのヘルシーサラダ
・リンゴのコンポート

とにかく、とってもおいしいです。
当日は、モンゴル・ボルネオ環境保全応援のための食材の販売も致します。ランチに使っているオーガニック馬肉も販売!

f:id:al-kana:20170508003129j:plain



・・・

食べた後は、オルかなのセルフケアメニューを体験できます。
・精神医療、薬、福祉に関する【相談】
・ただただ、話を聞いてねぎらう【聞きます隊】
・こわごわ、ワクワクの時間【コスプレ体験】
・当たるし元気がでる【占い】
どれかひとつを選んで体験してくださいね☆

メンバー一同、お待ちしております!!


【サードオピニン二俣川201705開催しました】

f:id:al-kana:20170409222538j:plain



14名の参加者で、初参加のかたも4名。遠方から来てくださったかたもいました。当事者、家族、支援者(医療・福祉)が立場を超えて集まり、対等に話せる場は他にはないと自負しています。


精神医療体験者からは、これまでの経過や減断薬後の離脱症状や後遺症について語られました。しかしながらそれらのつらい症状は、身体や精神面への現れ方が個別で全く違うので、結局は自分で対処していくしかない現状を共有しました。


ご家族からは、薬を減らすよう家族に伝えたいけど伝わらないもどかしさや、家族が入院中だが住む場所がないことに困っているなど、切実な思いが語られました。


医師をはじめとする医療職は、ひきこもり、生きづらさなどを【病理】としてとらえ、それを治療や支援で埋めようとする。よかれと思ってやっていることも、こちらからすれば上から目線のレッテル貼り。治癒や卒業は想定していないように思えます。


しかしそれに頼り、依存してきた私たち市民が変わらなければ、この現状は変わりません。いっぽいっぽ、まずは自分たちから変化し、自分たちの居場所を作って行きたいです。


次回のサードオピニオン二俣川は6月4日です。どなたでも参加できます。ぜひいらしてくださいね。

f:id:al-kana:20170508002743j:plain

 

f:id:al-kana:20170508002759j:plain



【こどもの日工作ワークショップ、開催しました】

f:id:al-kana:20170409222259j:plain



3~5歳のちびっこから、小学生、なんとだーいぶ大人のお友達まで(笑)、10名以上の参加がありました。当日は連休中のためたくさんのお客さんが有隣堂さんに来店しており、それぞれのこいのぼりはとっても個性的で、かわいかったです。


こどもたちが作りながらも私たちや親御さんに【ねえねえ、これかわいいでしょ?】とか、【わたし、おんぷ書けるんだよ】と教えてくれたり、【ママ、見て!】と発信する姿はとてもほほえましく、メンバー全員で「いいねー!かわいいねー!じょうずだねー!!」と全力で何度も返しました。こうやって多くの人や場所から褒められたり認められることって、大切なんだなあとあらためて感じました。


・・・・


この日は全国で「ショーガイ天国 ぼくらの幸せ、ぼくらが決める!」イベントとして、各地で主催者の特徴を活かした会が開催されていました。私たちもそのチラシを、オルかなのパンフレットと一緒に配布しました。こどもの日が毎年、こうやって未来あるこどもたちのことを考える機会になればと願います。


オルかなでは普段、こどもたちと接する機会はなかなかありません。この工作ワークショップは、正直毎回大赤字ですが(汗)、オルかなを知らない一般市民、しかも親子さんと出会える、とっても貴重な場です。なのでとっても大切にしている会なのです。


・・・・


私たちがこどもたちと工作している間、親御さんたちがちょっとひといき休めたり、こどもの普段と違う姿が見れたり。そんな場となっていて、私たちも癒されています。ついでにオルかなを知っていただき、何かあったときに「あ、オルかなってのがあったな」と思い出してもらえたらいいなと思います。


次回の工作は、7月23日(日)です。楽しくうちわ作りをする予定。ぜひいらしてくださいね。


f:id:al-kana:20170508002458j:plain



f:id:al-kana:20170508002435j:plain

 

f:id:al-kana:20170508002537j:plain

【関西オルタナティブ協議会へ、参加して来ました!】

4月30日、関西オルタナティブ協議会との合同イベント、「オルかながやってくる!」を開催していただきました。オルかなからは代表みつはしと、看護師りょうが参戦です。関西大好きな二人。ワクワクしながら大阪へ。
当日のスケジュールは詰めっ詰め…どうなることやらと思いましたが、きっちり時間通りできて一安心でした。みんなで一緒に学んだことも、最後のサルサで全部忘れちゃいましたが(笑)、とっても楽しくて有意義な時間でした!


・・・


まず11時~「オルかんクラブハウスプロジェクト」会議。
関西、そして各地での活動の進行状況を共有しました。
中津川、名古屋が、拠点となる物件が見つかり、動き始めているそうです。
原則、既存の福祉制度や事業、助成金などは受けない前提で拠点を作りたいと考えていますが、見つかった物件の利用条件や地域性などにより、柔軟に考えて行くことも求められます。


何よりもその拠点で働く【人】、運営していくための【お金】、そしてそれらを支える【サポーター】が必要です。どれかが欠けても実現しません。これを読んでいる皆さんには、ぜひどこかに関わって欲しいと願います。


f:id:al-kana:20170508001801j:plain



・・・・


お昼を挟んで、13:30~から、【オルかな枠】としてお時間を頂きました。
代表みつはしより、【現場から見る、精神医療と福祉の現状ーオルタナティブでやりたいことー】の講演。私が福祉の現場で長年勤務して思う医療や福祉の限界、出会う利用者さんたちの事情、そこから抜けてオルタナティブとしてやりたいことを、語らせて頂きました。


f:id:al-kana:20170508001848j:plain

 

f:id:al-kana:20170508001928j:plain

 

f:id:al-kana:20170508001955j:plain




その後、看護師りょう直伝、【セルフケアワークショップ】行いました。俺の主治医は俺だ!目指せ自分のブラックジャック!というテーマで、自律神経を中心とした人体の仕組み、気持ちと身体の密接なつながり、セルフコントロールについて、みんなで学び、体験しました。
みつはしの話はほぼ現場へのぐちでしたが(汗)みなさん暖かく受け止めて頂き、嬉しかったです。看護師りょうの話は、その内容だけでなく、コスプレしてるわ色んな仕事を掛け持ちしているわで、彼女の人となり、についての質問が相次ぎました(笑)

f:id:al-kana:20170508002022j:plain



f:id:al-kana:20170508002041j:plain

 

f:id:al-kana:20170508002104j:plain



・・・・


最後は、ジョーイ先生(誰やねん)と一緒にサルサのワークショップ!
基本のステップだけで汗だくでしたが、なんも考えず踊るって、やっぱり楽しいですね。

f:id:al-kana:20170508002134j:plain

 

f:id:al-kana:20170508002201j:plain



運営、参加してくださったみなさま、おもしろ司会のヤマザキさん、ありがとうございました!!

今度はぜひ関西から神奈川へ出張講演お願いします☆

【こどもの日、オルかなの想い】

昨年、こどもの日に書いたブログです。
今年も、想いは変わりません。

再度、掲載させていただきます。

多くのかたに、この想いが届きますように。

al-kana.hatenablog.com

【オルかな茶20 運営会議8、開催しました】

お天気のよい、お散歩日和にも関わらず、参加者10名も集まりました!

2017年度事業計画をみんなで確認、共有できました。


活発な意見交換や近況報告もでき、濃ゆい時間となりました。
オルかなのメンバーはほんと、優しくてまじめ。代表の私はいつも支えてもらっています。

・・・・

今年度からオルかなは、「本当のリカバリー研究」を開始します。
通院服薬、障害認定が前提、のリカバリーではなく、すべてを自分で決めることが当たり前で、いろんな選択肢があること。その中には医療や福祉からの卒業もチャレンジでき、保証されること。もちろん、既存の医療福祉を利用してもよい。チャレンジしてまた戻ってもよい。それが本来のリカバリーであると考えます。現状では残念ながら、そういうリカバリーの選択肢は用意されていません。


減薬するにも、就労するにも、結局は医師の判断や許可が必要で、その判断がなければ、福祉も利用できない。そんな仕組みになっています。医療や医師が悪いというよりも、仕組みの問題が大きいと考えます。


現状を分析し、体験者メンバーの声を発信しながら、制度や地域、市民がどうあるべきか、考えていきます。ご期待ください。


オルタナティブ協議会では今後、リカバリーコーチという伴走者も養成していきます。資格は問いません。
医療福祉の現場で働くみなさまも、ぜひ注目してくださいね。


・・・・

また、常に財政難!のオルかなですが、今後は応援会員さんや寄付金の募集にも力をいれていきます。まずは一般社団法人の申請が目標です。手数料などで10万以上かかります。資金集めのためにイベントもたくさん開催していきます。各会場や、今後は口座振込でも受け付けますので、ぜひご支援よろしくお願いします。


今日は参加者さんの中から2名、応援会員さん入会がありました!着実に応援してくれる人は増えています。


【批判や問題提起の、その先へ】


オルかなは、当たり前の権利や思いを、真正面から、でも楽しく、前を向いて発信します。そしてそんな思いを実現するために、自分たちで場所を創って行きます。


いっぽいっぽですが、オルかなの3年目、今年度もよろしくお願いします☆

各地のイベントにぜひご参加ください。

f:id:al-kana:20170424003128j:plain

【オルかなが1日限定カフェを開店!おいしいごはんとセルフケア体験で心身ともに楽しんでみませんか?】

いつもイベント会場をお借りしている、カフェ二階さんと、お料理教室やヘルシーで簡単お料理の研究家、三吉健心さんの全面協力を得て、念願の第一回、オルかなカフェを開店いたします☆5月21日です。

 

f:id:al-kana:20170420233217j:plain

 

今回はモンゴル産、オーガニック認証つき【馬肉】を使ったランチプレート+オルかなメンバーによるセルフケア体験のセットで、1200円です。

 

 

高級食材である馬肉をじっくり煮込んだランチは、三吉シェフの優しさとセンスが光る、からだによくてヘルシー、なのに食べごたえもあります。皆さんが来店して馬肉を食べることで、モンゴルの環境保全活動にもなります。当日はモンゴル・ボルネオ食材の販売も予定しています。

 

 

そしてオルかなメンバーによるセルフケア体験メニューは、医療や福祉、薬、お子さんの発達障害などの【相談メニュー】や、ただただ話を聞いて欲しいというかたへの【聞きます隊】、当たると評判のオルかなのゴッドマザーによる【占い】、そして魅惑の【コスプレ体験】などなど、クセの強いメニューがたくさん。お好きなメニューやメンバーを選んで、楽しく体験されてください!!(笑)

 

 

※コスプレ体験については、事前にご希望あればお知らせください!!出来る限り応じます(笑)

 

売り上げは経費を差し引き、オルかなの今後の活動資金にさせていただきます。オルかなを応援したいと思ってくださっているかた、おいしい馬肉ランチで元気になりたいかた、そしてクセの強いオルかなメンバーを見てみたいかた(笑)、誰でも参加OKです☆

 

・・・・

 

5月21日(日)12時開店~15時まで
カフェ二階さんにて(セルフケア体験は三階にて)
料金1200円(ランチ+体験込)

お問い合わせ
神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】三橋
al_kana2014@yahoo.co.jp
070-5469-3284(電話に出られないことがございます)